世界一わかりやすいマーケティングの本

Book

『世界一わかりやすいマーケティングの本』 

著者:山下貴史

「マーケティングとは何ぞや?」という風に思う事は度々あるのだが、その都度基礎に立ち返ろうとこういった本を読むようにしている。

本書では例えとして自動車業界について書かれている。自動車業界で働いている訳ではないのだが、自動車は生活に浸透している商品であるためイメージがしやすい。

またマーケティングを行っていくためには事業分析も大切なので、事業分析の方法も書かれている。

基礎を学びたい方にはオススメ。

Article

・「不機嫌おじさん」が組織の生産性を下げるメカニズム

「不機嫌おじさん」が組織の生産性を下げるメカニズム
『課長2.0』の著者・前田鎌利氏と『AI分析でわかった トップ5%リーダーの習慣』の著者・越川慎司氏が「結果を出し続けるチームを育てるリーダーの思考法」について語り合う対談が実現した。コロナ禍によって一般的となった、リアルワークとリモートワークを併用するハイブリッド型のワークスタイル。働き方の変化により、リーダーもまた...

・貧困の若者へNPOが現金給付 親から虐待「実家頼れない」

貧困の若者へNPOが現金給付 親から虐待「実家頼れない」 : ゆらぐ暮らし : 企画・連載 : 関西発 : 地域
虐待などを理由に親を頼れず貧困に直面した若者の悲鳴のようなSOSが連日、支援団体に届いている。コロナ禍で収入が減っても生活を支えてくれる後ろ盾がなく、行政の支援もなくて孤立し、死を考えるほど追い込まれる人もいる。そうした

・「iDeCoやNISA」で得をする人・しない人の差

「iDeCoやNISA」で得をする人・しない人の差 | 家計・貯金
iDeCoやNISAを始めるときの前提条件として、まずは生活費の6カ月〜1年分を貯めてから始めるようにしましょう。生活費を投資に回すという行為は大変危険だからです。もし、毎月一定の金額を銀行に貯金しているとい…
タイトルとURLをコピーしました