いま君に伝えたいお金の話

Book

『いま君に伝えたいお金の話』

著者:村上 世彰

著者の村上さんは10歳の時に大学卒業までのお小遣いを一括でもらったらしい。そのお金を元手に株式投資を始めて、お金についての勉強をしながら大学卒業時には元手の100倍の資産になっていたそうだ。

そんな投資家の村上さんがお金について説明してくれているのが本書である。

お金の特性・心構え・値段・動かし方・寄付について書かれている。

堅い投資本よりも、お金の勉強を始めるには丁度いい本だと思う。

Article

・アップルが時価総額世界一、サウジアラムコ抜く-好決算で株価10%高

アップルが時価総額世界一、サウジアラムコ抜く-好決算で株価10%高
米アップルがサウジアラビアの国営石油会社サウジアラムコを抜いて、時価総額世界一の企業となった。アップルの4-6月期業績が予想より良かったことから、同社の株価が上昇した。

・寄付して節税。FPが教える、最近のふるさと納税の傾向は?

最近のふるさと納税事情がわかる。節税に取り入れたいこと
みなさんは「ふるさと納税」をされているでしょうか。収入により上限額はありますが、2000円を自己負担し寄付をするだけで、寄付額は翌年の住民税から減額...

・「ちまちま節約する人」ほど、いつまでも100万円貯まらないワケ

「ちまちま節約する人」ほど、いつまでも100万円貯まらないワケ
発達障害のひとつであるADHD(注意欠陥・多動症)の当事者である借金玉さん。早稲田大学卒業後、大手金融機関に勤務するものの仕事がまったくできずに退職。その後、“一発逆転”を狙って起業するも失敗して多額の借金を抱え、1ヵ月家から出られない「うつの底」に沈んだ経験をもっています。 近著『発達障害サバイバルガイド──「あた...
タイトルとURLをコピーしました