鈴木敏文 仕事の原則

Book

『鈴木敏文 仕事の原則』

著者:緒方知行、田口香世

鈴木敏文さんは、コンビニエンスストアの大手企業、セブン&アイHLDGSの会長である。

本書の中では鈴木さんの仕事についての考え方が詰まっている。

・常に変化し続ける事。

・お客様の事を考えて取り組む事。

これが、大きな二つの点であった。

マンネリを防ぎ、仮説を立てて情報収集をしながら、お客様のために行動し続ける。

まさに、仕事の原則を学んだ一冊だった。

Article

・ビジネス界の有名人たちが推薦する「人生を変える本」13選

ビジネス界の有名人たちが推薦する「人生を変える本」13選
超がつくほど頭のよい人物に「お薦めの本」を紹介してもらうことは、どんな場合でも役に立つ。ただ、もっと素晴らしいことがある。頭の良い人物たちが今興味を持っている本だけでなく、「彼らの人生を変えた本...

・1日かかる作業が1時間に。人手不足の介護業界にAIが示した道筋とは

1日かかる作業が1時間に。人手不足の介護業界にAIが示した道筋とは
日増しに進化する、AIなどのテクノロジー。「難しいコンピューター分野での話」と思いがちですが、生活に身近なところでもそのイノベーションは加速していま...

・化学の本質、経営の本質とは。花王社長の胸に今も残る、40年前の一言

化学の本質、経営の本質とは。花王社長の胸に今も残る、40年前の一言
花王社長の澤田道隆には、繰り返し読んでいる本がある。花王の中興の祖、丸田芳郎と同社のあゆみをまとめた『一心不乱』(花王刊)だ。「創造性を発揮せよ」「自然の真理を尊べ」。丸田の語録を、若いころはそのまま受け止めて励みにした。メッセージの解釈は
タイトルとURLをコピーしました