ウインド・リバー

Movie

『ウインド・リバー』(2016年)

ジャンル:サスペンス

上映時間:107分

監督:テイラー・シェルダン

出演:ジェレミー・レナー、エリザベス・オルセン 他

<感想>

極寒のウインドリバー。この土地はネイティブアメリカンの保留地。そんな土地で起きた少女の殺人事件について描かれた作品。

緊迫感が伝わってくる演出が凄い。

第70回カンヌ国際映画祭<ある視点部門>監督賞を本作は受賞している。

極寒で起きた殺人事件とネイティブアメリカンに対する現状がリンクしている。

Article

・その返信が環境負荷に?不要なメールのやりとりを今すぐやめるべき理由

その返信が環境負荷に?不要なメールのやりとりを今すぐやめるべき理由
今年はグレタ・トゥーンベリさんが発端となった環境保護活動が注目を集めました。先日Twitterで見かけた「私たちはグレタさんを好きか嫌いかではなく、...

・〈ADDress〉の全国「住み放題」サービスが、ローカルのコミュニティを創出する

4万円で全国25か所「住み放題」。アドレスホッパーが続々誕生しているらしい。
4万円で全国25か所「住み放題」というサービスを打ち出している〈ADDress〉。多拠点居住というサブスクリプションモデルの新しい形といえる。すでに固定の住所を持たず、ADDressの拠点のみで暮らすアドレスホッパーも誕生している。ADDressが重要視しているのが、各拠点の管理人である家守(やもり)の存在。地域を積極...

・患者が望まない延命治療を行うことは常に正当化できないパターナリズムか――『死ぬ権利はあるか』出版に寄せて – 有馬斉 / 倫理学

患者が望まない延命治療を行うことは常に正当化できないパターナリズムか――『死ぬ権利はあるか』出版に寄せて - 有馬斉 / 倫理学
1.はじめに今年の2月に『死ぬ権利はあるか―安楽死、尊厳死、自殺幇助の是非』(春風社、2019年)を出版した。580頁と少しぶ厚い本になったが、これを丸ごとかけて、人の死期を早めたり、生命を維持しなかったりすることの是非について論じた。具体的に取り上げたのは、
タイトルとURLをコピーしました