パーパス・ブランディング~何をやるか?」ではなく、なぜやるか?」から考える

Book

『パーパス・ブランディング~何をやるか?」ではなく、なぜやるか?」から考える』

著者:齊藤三希子

Bitly

ビジネスにおける、パーパスという言葉は「存在理由」の意味である。

本書ではパーパスを掲げる事の意義、実際に取り組んでいる企業の状況が書かれていた。

「なぜそれをやるのか?」と深掘りするような問いをパーパスの策定によって具現化させていく。

この深掘りがある事によって、ブランディングや不確実性・危機的状況に対しての指針にもなる。

企業理念と似ているけど、少し違うのが「パーパス」だった。

Article

・「お金を稼ぐ」のはそこまで卑しいこと? 日本人がかかりやすい「お金の呪い」を解く方法

「お金を稼ぐ」のはそこまで卑しいこと? 日本人がかかりやすい「お金の呪い」を解く方法(八木 龍平) @moneygendai
「お金を稼ぐことは卑しいこと」「お金は汚いもの」……。そんなふうに思っていないだろうか? スピリチュアル好きからの圧倒的支持をほこる八木龍平氏が、日本人が陥りがちな「お金の呪い」を解き、お金と仲良くなる方法を教える。

・仕事が楽しいと感じるために参考にしたい「職務特性モデル」

仕事が楽しいと感じるために参考にしたい「職務特性モデル」 | ZUU online

・アマゾンで「水俣病」懸念 魚に高濃度水銀、健康被害も確認

アマゾンで「水俣病」懸念 魚に高濃度水銀、健康被害も確認 | 共同通信
ブラジル北部のアマゾン地域で取れた食用魚の2割超から安全基準を超える濃度の水銀が検出されたことが11...
タイトルとURLをコピーしました