大前研一 「ビジネスモデル」の教科書

Book

『大前研一 「ビジネスモデル」の教科書』

大前研一

ビジネスモデルのケーススタディは過去の事例を使って行っている事が多いらしい。
ただ、現状は常に変化している訳で、過去の事業のケーススタディをしてもあまり意味がない事が多い。

大前さんは現状の企業をケーススタディの対象にして、リアルの感覚を養う事を大切にされている。

本書を執筆していた2016年が題材になって書かれていた。
4年前だという突っ込みが出そうだが、本なのだから仕方ないことだろう。笑

それよりも大切なのは『ケーススタディはリアルタイムもやって方が良いよ』という概念。あと、大前さんの言葉としては『自分がその企業のトップだと思って分析・ビジネスモデルの立案が大切』という考え方は重要だ。

今回、題材にあがった企業はコカ・コーラ、ローソン、Airbnb、クックパッド、ニトリ、日本経済新聞、シャオミ、Uber、ゼンショー。

Information

YouTube

【F’s life resource study】

#51「ビネガードリンク」

健康に対する効果あり
しかし飲むのに注意点もある

#51「ビネガードリンク」
Article

・最新の年金法改正で、実は多くの人が「ものすごく得をする」ポイント2つ

最新の年金法改正で、実は多くの人が「ものすごく得をする」ポイント2つ | PRESIDENT WOMAN Online(プレジデント ウーマン オンライン)
世の中はほぼニュースの大半がコロナウイルス関連になっていますが、実は5月29日に年金に関して改正される法案が成立しました。今回の法改正は、2019年8月に行われた5年に一度の「公的年金財政検証」を受けて、い…

・キャリアの「絶対にこれは手放せない」を知るための8つの手がかり

キャリアの「絶対にこれは手放せない」を知るための8つの手がかり
コロナ禍で多くの人がこれまでのような働き方ができなくなった。「新しい生活様式」は、「新しい仕事様式」をもたらし、リモートワークやオンライン会議に慣...

・「あのファイルどこ行った?」が無くなるパソコン超整理術

「あのファイルどこ行った?」が無くなるパソコン超整理術
PCでファイルを作成する際にルールを設けると、デスクトップが散乱せず、探しているデータをすぐに見つけることができます。外資系コンサルティングファームでITを専門とする吉澤準特氏が、新著『仕事力に差がつく「超・整理術」』の中から、PC内の効率的なファイル管理の仕方をお教えします。
タイトルとURLをコピーしました