結局、男の服は普通がいい 世界一かんたん、一生使えるオシャレの方程式

Book

『結局、男の服は普通がいい 世界一かんたん、一生使えるオシャレの方程式』

著者:山田 耕史

最近はYouTubeで自分が映っている時間を長くしたので、服について改めて勉強したいなと思い読んだ本。

ファッショントレンドに関係する仕事をしていた著者が行き着いたのは、結局普通服(定番服)だそうだ。

流行はもっても6か月であり、ビジネスモデルとしてもいかに過去のモノではなく流行の服を着てもらうのかというのが本音。なので流行の服の価値は長持ちしない。

それよりも定番と呼ばれている服の方が長く着れるし、その中で自分らしさを表現しやすいそうだ。

またオシャレは服だけでなく、清潔感と立った姿勢が大事とのこと。

Article

・相手を否定しない人の話し方が自分にも良い訳

相手を否定しない人の話し方が自分にも良い訳 | リーダーシップ・教養・資格・スキル
「自己肯定感」この言葉を、耳にしたことのある方も多いのではないでしょうか?最近テレビや雑誌でよく取り上げられるようになったこの言葉、よくご存じない方のために紹介しておきましょう。この言葉は、読んで字…

・仕事を抱え込みがちな人に必須のスキル「巻込力」の身につけ方

仕事を抱え込みがちな人に必須のスキル「巻込力」の身につけ方
本書のタイトルである『巻込力』(越川慎司 著、経済法令研究会)とは、「仕事の不安を取り除いて作業効率を高めるため、自分のコントロールできる範囲を広げ...

・老人ホームで「お願いします」としか言わなかった元女医の哀しい最期

老人ホームで「お願いします」としか言わなかった元女医の哀しい最期(小嶋 勝利) @gendai_biz
「現代ビジネス」は、第一線で活躍するビジネスパーソン、マネジメント層に向けて、プロフェッショナルの分析に基づいた記事を届ける新創刊メディアです。政治、経済からライフスタイルまで、ネットの特性を最大限にいかした新しい時代のジャーナリズムの可能性を追及します。
タイトルとURLをコピーしました