トライブ

Book

『トライブ 新しい組織の未来形』

著者:セス・ゴーディン

訳:勝間 和代

インターネットが普及し、誰でも情報が収集しやすく

SNSにより誰でも発信しやすくなった現代。

自分の興味のある事や行いたい事を表に出しやすく、新たなコミュニティを構築しやすくなっている。

本書ではコミュニティの事を「トライブ」と呼んでおり、「トライブに対するリーダーシップとは?」について記載されている。

仕事に限らず、プライベートにも役立つ「トライブ」の考え方。

所属の欲求だけでなく、自己実現のためにも本書は参考になると思う。

Article

・ウォーレン・バフェットに学ぶ「読書を毎日の習慣にする方法」

ウォーレン・バフェットに学ぶ「読書を毎日の習慣にする方法」
聞くところによると、ウォーレン・バフェットには素晴らしい読書習慣があるらしい。「オマハの賢人」と呼ばれる彼は、毎日欠かさず200ページほど本を読んでいると言われているのだ。キャリアアップを目指し...

・一万円札を発行すべきではないこれだけの理由

1万円札を発行すべきでないこれだけの理由 | 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
新しい元号が「令和」と決まり、街のあちらこちらで「平成最後の」という言葉が使われている。令和の「令」の字は、「令息」「令嬢」「命令」などに使われていて、『論語』には「巧言令色、鮮(すくな)し仁」とい…

・算数が得意になる方法はありますか?

算数が得意になる方法はありますか?
これから大きく変化していくこの世の中において、従来の仕事はAI(人工知能)やロボットに代替されていく可能性があります。世界は今まさにイギリスで起きた産業革命、そしてインターネット革命以来の産業構造の大きな変革が起きようとしています。 そんな中、子どもたちが素晴らしい未来を切り開いていくためにはどうすればよいのか? 大...
タイトルとURLをコピーしました