「知力」をつくる技術

Book

『「知力」をつくる技術』

著者:船川 敦志

知力は単純に勉強する事でない。そういった事を痛感するのが仕事で感じる事。

本書では単純ではない「知力」を身につけるための思考が多角的に書かれている。

流動的で不確実性な現代では良き参考になるだろう。

Article

・先進国で唯一「お母さんは苦労すべき」精神論が跋扈する日本社会で、子どもが絶対に増えないワケ

先進国で唯一「お母さんは苦労すべき」精神論が跋扈する日本社会で、子どもが絶対に増えないワケ | PRESIDENT WOMAN Online(プレジデント ウーマン オンライン)
少子化問題の改善のために過去にはさまざまな対策案が講じられてきました。例えば2013年には「女性手帳」が話題になりました。当時の森まさこ内閣府特命担当大臣のもとで少子化対策を議論する内閣府の有識者会議「…

・日本医師会の主張、医療健康データ持ち歩く「PHR」の価値と懸念

日本医師会の主張、医療健康データ持ち歩く「PHR」の価値と懸念|ニュースイッチ by 日刊工業新聞社
こちらは、日本医師会の主張、医療健康データ持ち歩く「PHR」の価値と懸念のページです。日刊工業新聞社のニュースをはじめとするコンテンツを、もっと新鮮に、親しみやすくお届けするサイトです。

・やる気ゼロでも、一瞬で「脳がポジティブになる」1つの動作

やる気ゼロでも、一瞬で「脳がポジティブになる」1つの動作
自分を変える「10の扉」をさあ、開けよう──。世界最高の創造集団IDEOのフェローが、神経科学×心理学の最新の知見を網羅。センスが開花する黄金の書、ついに日本上陸! 光、色、形……人の感性は、ふだん目にするもので自由自在に変化する。20ヵ国で続々刊行、衝撃の世界的ベストセラー『Joyful 感性を磨く本』から、一部を特...
タイトルとURLをコピーしました