思考をやわらかくする授業

Book

『思考をやわらかくする授業』

著者:本田 直之

僕の本棚の中で、ふっと手が出る機会が多い本。

「あっ!硬くなってるかも?」

そう思って手を伸ばしている。

今回読んでいても「あっ!?」となる所が多々あった。

もちろん、この本は情報源の一つであって、必ずしも全てこの本にならって過ごさないといけない訳ではない。

ただ、大事だと思うのは「自分を見直す機会をつくる」ということ。

今日でGWが終わる。

休日の方や仕事の方、様々だと思うが、世の中全般として区切りになるタイミングだと思うので、自分を見直してみてはどうか?

Article

・ビッグデータで慢性疾患管理サービスに取り組む、リボンゴの挑戦

ビッグデータで慢性疾患管理サービスに取り組む、リボンゴの挑戦
リボンゴ(Livongo)の共同創業者グレン・トゥルマンが理想とするのは、彼らが提供する「データをベースにしたヘルスケアサービス」が、ネットフリックスやアマゾンのような形で運用される世界だ。つま...

・将来の成功を願う親が、子供に教えるべき「7つのライフスキル」

将来の成功を願う親が、子どもに教えるべき「7つのライフスキル」
親は子どもの成功を祈るもの。でも「成功」の定義は人によって違う。ジェフ・ベゾスは、あとで容易に覆せる決断なら、その決断に時間をかけすぎないことを学んだ。ウォーレン・バフェットは、成功とは、自分の...

・令和になっても「主要先進国」と言われたいですか?

令和になっても「主要先進国」と言われたいですか? 日本経済は個人主義とコンパクト化で元気になる | JBpress(Japan Business Press)
日本が成熟した消費国家になるためには、さらに拠点集約を図るとともに、ライフスタイルの多様化を進めていく必要がある。筆者が令和時代におけるキーワードは「個人主義」と「コンパクト化」だ。
タイトルとURLをコピーしました