ナイチンゲール心に効く言葉

Book

『ナイチンゲール心に効く言葉』

著者:フローレンス・ナイチンゲール

訳:ハーバー 保子

2020年はフローレンス・ナイチンゲールさんの生誕200年である。

そのため世界的に今年は「看護師の年」と言われているそうだ。

そんな2020年に僕は訪問看護ステーションを中心とした会社経営をスタートする予定なので、恐れ多くも縁を感じている。

ナイチンゲールさんの残している三冊の著書から、現代に通じる珠玉の言葉をまとめてあるのが本書である。

自分を高める事。人を愛する事。ともに生き、ともに働く事。人の上に立つという事。

こういったテーマについて書かれている。

僕にとって今年最初の読書がこの本だった。

気持ちが引き締められて良い刺激を頂いたと思う。

Article

・事業のアイデアを現実にする5つの方法

事業のアイデアを現実にする5つの方法
商品やサービスの素晴らしいアイデアを思いつき、「では、これからどうすればよいのか?」と思ったことはあるだろうか? 素晴らしい事業のコンセプトを思いついても、どこから始めればよいか分からないかもしれない。アイデアを実現させることは簡単ではない

・習慣化のプロ直伝、「続かない」を変えるコツ13選

習慣化のプロ直伝、「続かない」を変えるコツ13選
みなさんは新年の目標は立てましたか? 「仕事で成果をあげる」「資格をとる」「ダイエットを成功させる」などどんなジャンルであっても、目標を達成させるた...

・内向的な人が実践できる、人脈作りの3つのコツ

内向的な人が実践できる、人脈作りの3つのコツ
あなたは、ハッピーアワーの飲み会や職場の夕食会、忘年会などの交流イベントを楽しむ外向的な人の方が、内向的な人と比べてネットワーキング(人脈作り)が得意だと考えているかもしれない。しかし実際は、内向的な人も同じくらいネットワーキングで成功を収
タイトルとURLをコピーしました