大学4年間の経済学が10時間でざっと学べる

Book

『大学4年間の経済学が10時間でざっと学べる』

著者:井堀 利宏

大学4年間の○○シリーズは以前にもブログで紹介している。
本書も10時間ではなく、3時間くらいで読めた。

内容に関しては、しっかりとした基礎知識が記載されており、しっかりしているが故に少し難しい表現があった。ただ、大学4年間分の要約を学ぶのだから、少し難しいのもそらそうだとも思う。

経済学を本で学ぶ機会が少なかったと自覚したし、面白いと思う内容もあるので、今後は定期的に経済学を学ぼうと思った。

Article

・10億円の資金調達から経営破綻へ スタートアップ代表が語る失敗要因

10億円の資金調達から経営破綻へ スタートアップ代表が語る失敗要因 | ツギノジダイ
 自動車のアフターマーケットのデジタル化を掲げ、累計10億円の資金を調達したスタートアップ「MiddleField」が2021年夏に経営破綻に陥りました。何があったのかについて、元CEOの中山翔太さんに聞くと、大きく分けて2つの失敗要因が…

・円安で明暗分かれる ソニーは過去最高益 東電は赤字転落で値上げ検討

円安で明暗分かれる ソニーは過去最高益 東電は赤字転落で値上げ検討 | TBS NEWS DIG
円安の影響で明暗分かれました。ソニーグループは売上高、営業利益ともに過去最高に。一方の東京電力は、最終赤字に転落しています。ソニーグループの中間決算は、▼売上高が5兆円あまり、▼営業利益は6500億円あ…

・「日本ではスタートアップが育たない」は本当?日本通の米国人専門家が語る“足りないもの”

「日本ではスタートアップが育たない」は本当?日本通の米国人専門家が語る“足りないもの”
このところ行政がスタートアップ支援を推進する動きが目立っている。例えば岸田内閣は2022年を「スタートアップ創出元年」とし、イノベーションの鍵となるスタートアップを5年で10倍に増やすと宣言した。ただの喧伝に終わらせないようにするには何が必要なのか。スタートアップ先進国・アメリカに本社を構えるケンブリッジ・イノベーショ...
タイトルとURLをコピーしました