ノートに大きな志を書く。

Opinion

『ノートに大きな志を書く』

週に1回、月に1回でも良いのでノートに大きな志を書く事をお勧めする。

人間は現実をみているようで、自分の視野に沿った物事を認識してしまいがちだ。
周囲からの目を気にしたり、失敗を恐れる事も重なって、目標が狭い範囲になってしまう。

たまには「できる・できない」を度外視して、思いっきり成し遂げたい事を書いてみよう。

自分はこういう事を思っていたのか?
そういう事に気づけただけでも価値は大きいのだ。
そして、案外ノートに書くとアンテナが建つのか、不思議とその方向性に沿った情報や機会が目の前に現れたりする。大事な事にも気づけたりする。

たまには大きな志を書く時間を持とう。

なんとなく過ごす時間よりも圧倒的に有益な時間だと思うよ。

Article

・空飛ぶクルマはまずどこから導入される?

空飛ぶクルマはまずどこから導入される?|ニュースイッチ by 日刊工業新聞社
こちらは、空飛ぶクルマはまずどこから導入される?のページです。日刊工業新聞社のニュースをはじめとするコンテンツを、もっと新鮮に、親しみやすくお届けするサイトです。

・「フォロワー90人のときにフォロワー2.6万人の人から教えてもらったこと。

「フォロワー90人のときにフォロワー2.6万人の人から教えてもらったこと」 実践してうまくいった漫画が励まされる
2020年こそ3日坊主にしない。

・時間の使い方が成功の秘訣…富裕層が幸せなのは、お金を持っているからではない

時間の使い方が成功の秘訣…富裕層が幸せなのは、お金を持っているからではない
Forgeに掲載されたドーン・テーの記事によると、富裕層は普通の人よりも幸せだが、それはお金を持っているからではない。テーは新しい研究を引用して、...
タイトルとURLをコピーしました