リスティング広告のやさしい教科書。ユーザーニーズと自社の強みを捉えて成果を最大化する運用メソッド

Book

リスティング広告のやさしい教科書。ユーザーニーズと自社の強みを捉えて成果を最大化する運用メソッド

著者:桜井茶人

本書では検索連動型広告とコンテンツ向け広告について書かれている。
それぞれの利点と欠点。数値的な分析をする際のポイントなどが丁寧だった。

もちろん、そもそもは広告を出す目的が大切であり、それぞれの会社ごとに広告を使い分けるのが良い。

本書は少し前の年に発行されている内容だが、概論的な内容が多いので現代でも役に立つだろう。

Article

・コストインフレが危惧される物流の「2024年問題」効率化の努力は必須の状況に

コストインフレが危惧される物流の「2024年問題」効率化の努力は必須の状況に | DCSオンライン
働き方改革が進むトレンドの中で、2024年4月1日から「自動車運転業務における時間外労働時間の上限規...

・慣れ親しんだ「iPhone」の「i」 どういう意味でつけられた?

慣れ親しんだ「iPhone」の「i」 どういう意味でつけられた?
iPhoneやiPad、iMacのユーザーにとっては慣れ親しんだ「i○○」という名称。だが、どうして「i」が名付けられているのかは意外と気にしていないもの。いったいどういう意味でつけられた言葉なのか。

・寝る前の3時間は「スマホ断ち」をするべき…ぐっすり眠れる自律神経を整えるための生活習慣

寝る前の3時間は「スマホ断ち」をするべき…ぐっすり眠れる自律神経を整えるための生活習慣 「副交感神経のゴールデンタイム」を活用しよう
寝つきをよくするにはどうすればいいのか。順天堂大学医学部の小林弘幸教授は「夕食後から寝るまでの3時間は交感神経を休ませるべき時間。せめてその間くらいは自律神経をかき乱す原因のスマホを遠ざけるべき」という――。
タイトルとURLをコピーしました