コツコツ量を行っていく中で、急に質の面に気づく

Opinion

『コツコツ量を行っていく中で、急に質の面に気づく』

最初から質を求めるよりも量をこなす方が良い。

量をこなしていく中で、良い意味で習慣となった場合はムダな緊張が和らぐ。慣れるという感覚だ。
その際に視野が広がってきて、「え?なぜこれをしていないのか?」とニュアンスが出てくる。
料理で言うところの盛り付けをこのようにすれば良くなるのでは?という着眼点に近い。

視野が広がる事で質が高まる。
視野を広く持つには、ある程度コツコツ量を行うことが必要だ。

Article

・注意と意図の組み合わせがキャリアを前進させる

注意と意図の組み合わせがキャリアを前進させる
あなたの観察力は、どれほどのものだろうか?シャーロック・ホームズと互角に張り合えるほど何も見逃さないタイプだろうか? それとも頭にヒントが落ちてきても気づかないような、何も目に入らない人だろうか?私は「〇〇であることに気づきました」というふ

・生産性の高いチームとは。Google社が分析した「高い心理的安全性」とはなにか

生産性の高いチームとは。Google社が分析した「高い心理的安全性」とはなにか | ZUU online
私が当社の心理的安全性の確立に大きな要因になっていると考えているのが、仕事において守るべき明確な「ルール」がある、ということです。

・人事が惚れる人材って? 面接の合否を左右する重要事項5つ

人事が惚れる人材って? 面接の合否を左右する重要事項5つ | ライフハッカー[日本版]
面接前に知っておくべきことは何なのか。転職活動を行なっている人は特にチェックしてみてください。
タイトルとURLをコピーしました