経理以外の人のための日本一やさしくて使える会計の本

Book

『経理以外の人のための日本一やさしくて使える会計の本』

著者:久保憂希也

本書の特徴としては「小説のようなストーリー」で説明されている点だと思う。
ストーリーにする事によって会計の大切さが臨場感のある形で伝わってきた。

管理会計・財務会計・税務会計の違いについてもわかりやすく書かれている。

また本書では営業マンが売上のために値引きを行ったのだが、それによって利益が減ってしまい、実は最初の値段で数量が少ない方が売上は少なくても利益は大きかった…というお話は面白い例えだと思う。
会計は経理以外の部署にも大切な知識だな。

Article

・新型「Fire 7 タブレット」予約開始! 7インチが持ち運びにちょうどいい3つの理由

新型「Fire 7 タブレット」予約開始! 7インチが持ち運びにちょうどいい3つの理由 | ライフハッカー[日本版]
Amazonが新型の「Fire 7 タブレット」発売を発表。改めてそのサイズに着目したら、7インチタブレットが持ち運びに最適な理由が見えてきました。

・頭がいい人と悪い人「転職の内定後」についている差

頭がいい人と悪い人「転職の内定後」についている差
「今の会社で働き続けていいのかな?」「でも、転職するのは怖いな……」。働き方が大きく変わるなか、そんな悩みを抱える人は多いだろう。高卒から、30歳で年収1000万円超という驚きの経歴をもつ山下良輔さんは、そんな「転職迷子」たちから圧倒的な支持を得ている。山下さんは出版した初の著書『転職が僕らを助けてくれる――新卒で入れ...

・蚕のお世話頑張ります 小山・絹義務教育学校で3種3000匹「お迎え式」

蚕のお世話頑張ります 小山・絹義務教育学校で3種3000匹「お迎え式」 | 下野新聞
栃木県小山市の絹義務教育学校で24日、蚕のお迎え式が行われた。同校が取り組む国連教育科学文化機関(ユ...
タイトルとURLをコピーしました