自分の見えていない・知らない範囲でも物事は動いている

Opinion

『自分の見えていない・知らない範囲でも物事は動いている』

凄く当たり前のことかもしれないが、自分の見えている・知っている範囲というのはあくまでも狭い範囲である。

先日に弊社の会社名をGoogle検索をした時の表示の仕様が凄く立派なモノに変化してたのには驚いた。特に通知があった訳でもなく、なぜそうなったのかもよくわからないのだが、Googleの何かの基準でそうなったのだろう。

このように運?まぐれ?というか、自分の見えていない・知らない範囲でも物事は動いているのである。

どうしても見える・知っている範囲で物事を捉えがちだが、色んな力・エネルギーが動いている良いイメージを持つのは大切だ。

Article

・繰り返し使えるグリルシートで、ストレスフリーなBBQを楽しもう【今日のライフハックツール】

繰り返し使えるグリルシートで、ストレスフリーなBBQを楽しもう【今日のライフハックツール】 | ライフハッカー[日本版]
簡単に洗えて何度も使えるグリルシート。「バーベキューグリルマット」についてご紹介します。

・「ホラ吹き親父」が息子に伝えたかった、人生の真実

「ホラ吹き親父」が息子に伝えたかった、人生の真実
自分の父親は、どういう人生を送ってきたのだろう。どこでどんなふうに育ち、何を学び、どんな失敗をし、いつこの仕事を選び、どこで母親と出会って結婚したのだろう。子供の頃はさして関心をもたなかった父の来歴を、大人になってふと詳しく知りたくなること

・読み手の脳にダメージを与えている…仕事ができない人の文章に「カタカナ言葉」が頻出するワケ

読み手の脳にダメージを与えている…仕事ができない人の文章に「カタカナ言葉」が頻出するワケ 「プライオリティが低いのでエビデンスがそろうまでペンディングに」
「読んで損したと思われる文章」に共通するものはなにか。ライター・作家の奥野宣之さんは「ビジネスマンの中には、エビデンス、プライオリティ、ペンディングといった輸入言葉を使いまくる人がいる。こうした文章は読み手の脳にダメージを与えるだけだ」という――。
タイトルとURLをコピーしました