新しい経営学

Book

『新しい経営学』

著者:三谷宏治

経営学というのは色んなビジネスに必要な要素が複合的に学ぶ必要がある内容である。

本書では丁寧に各項目について書かれているのだが、特に「ターゲット」「 バリュー」「 ケイパビリティ」「 収益 モデル」「 事業 目標」「 共通 言語」「 IT・AI」についての説明がある。

実際の企業のビジネスモデルについて説明がされており、最後にはビジネスモデルを理解できていたのかを把握するための穴埋め問題のようなものもある。

また章の最後にはそれぞれの内容に対する推奨する本の紹介もあるので、次に深く勉強するうえで役にたつだろう。

Article

・繰り返し使えるグリルシートで、ストレスフリーなBBQを楽しもう【今日のライフハックツール】

繰り返し使えるグリルシートで、ストレスフリーなBBQを楽しもう【今日のライフハックツール】 | ライフハッカー・ジャパン
簡単に洗えて何度も使えるグリルシート。「バーベキューグリルマット」についてご紹介します。

・「ホラ吹き親父」が息子に伝えたかった、人生の真実

「ホラ吹き親父」が息子に伝えたかった、人生の真実
自分の父親は、どういう人生を送ってきたのだろう。どこでどんなふうに育ち、何を学び、どんな失敗をし、いつこの仕事を選び、どこで母親と出会って結婚したのだろう。子供の頃はさして関心をもたなかった父の来歴を、大人になってふと詳しく知りたくなること

・読み手の脳にダメージを与えている…仕事ができない人の文章に「カタカナ言葉」が頻出するワケ

読み手の脳にダメージを与えている…仕事ができない人の文章に「カタカナ言葉」が頻出するワケ 「プライオリティが低いのでエビデンスがそろうまでペンディングに」
「読んで損したと思われる文章」に共通するものはなにか。ライター・作家の奥野宣之さんは「ビジネスマンの中には、エビデンス、プライオリティ、ペンディングといった輸入言葉を使いまくる人がいる。こうした文章は読み手の脳にダメージを与えるだけだ」という――。
タイトルとURLをコピーしました