成果と健康

Opinion

『成果と健康』

成果を出すためには成果の出る手段を選択して実行する必要がある。
非常に当たり前な事だが、それを的確に行い続けるにはそれなりの労力がいる。

ただ成果を上げる事ばかりに固執しすぎる事によって、自分の体・心・社会性に対する健康を害することがある。
心身ともに疲弊し、自分らしさを見失いそうになる事は長期的な成果を上げ続ける事に大きな弊害となるだろう。

つまり、成果を追い求めすぎる事によって成果が出にくい状況を作りかねないという事が予測されるのだ。

なので成果を出すことは大切だが、自分らしく健康にいれるような手段や環境も大切である。
また自分らしく仕事をするのは良いことだが、自己流に走りすぎたり、全くニーズのなさそうな事を行っても結局どこかで仕事が成り立たなくなってくる恐れもある。

ロジカルな成果を出すための方法が8割、自分らしさを表出して最も機嫌よく行えそうな事を2割という風に設定する方が良いのではないか?と自分では思った。

成果と健康のバランスをうまく保ちたい。

Article

・「変なことをやって失敗する人」と「新しいことをやって成功できる人」を分ける決定的な差

「変なことをやって失敗する人」と「新しいことをやって成功できる人」を分ける決定的な差
この3月に『起業家の思考法 「別解力」で圧倒的成果を生む問題発見・解決・実践の技法』を出版した株式会社じげん代表取締役社長の平尾丈氏。25歳で社長、30歳でマザーズ上場、35歳で東証一部へ上場し、創業以来12期連続で増収増益を達成した気鋭の起業家だ。そんな平尾氏が「別解力の高いビジネスパーソン」として尊敬しているのが、...

・「説明が下手な人」に共通する致命的な4大欠陥

「説明が下手な人」に共通する致命的な4大欠陥 | リーダーシップ・教養・資格・スキル
「説明」はビジネスの現場で最も重要視されるスキルの一つです。私がビジネスの世界に足を踏み入れたばかりのころ、上司、先輩だけでなく取引先の人たちもふくめ、多くの人たちの説明のやり方をじっと観察しつづけ…

・大量に覚えて忘れない「お風呂暗記法」

大量に覚えて忘れない「お風呂暗記法」
「お風呂は最高の勉強場所」。働きながら3年で、9つの資格に独学合格した著者が語る暗記法とは?
タイトルとURLをコピーしました