眠れなくなるほど面白い 図解 社会心理学

Book

『眠れなくなるほど面白い 図解 社会心理学』

監修:亀田達也

みんながやっているのなら自分も良いだろうと思ったり、多数が支持している事が良い様に感じたりするのは時として弊害を生むことがある。

社会の中で生きている中で、社会から強くかつ無意識に影響を個人が受けている。

集団(社会)の生活で悩みがある方は社会心理学を教養として学ぶと見え方が変わるのでは?と思った。

Article

・筋トレをサボりたいと思ったら、自分に問いかけてほしい10の質問

筋トレをサボりたいと思ったら、自分に問いかけてほしい10の質問
運動やトレーニングの計画を飛ばしたり、変更したりするのに、自分を正当化したことがある人は多いでしょう。理由は病気、疲れ、過度の痛み、もしくはもっと重...

・「お金が貯まらない人は、休日によく出かける」1億円貯まる人はめったに行かない”ある場所”【2021上半期BEST5】

「お金が貯まらない人は、休日によく出かける」1億円貯まる人はめったに行かない"ある場所"【2021上半期BEST5】 お金持ちは平日に堂々と旅行する
「お金が貯まらない人の共通点はレジャー費の無駄遣い」と話すのはファイナンシャルプランナーの藤川太さん。反対に本当のお金持ちたちは、観光客で混雑するうえに高くつく連休の旅行は避け、子どもが大喜びの“あの場所”にもめったに行かないと言います。彼らが実践する「お金をかけずに楽しむレジャー」とは――。

・「SDGs」に騙されるな!急増する「美しい言葉」に注意すべき理由

「SDGs」に騙されるな!急増する「美しい言葉」に注意すべき理由(丹羽 宇一郎)
近年にわかに流行し始めた「SDGs(持続可能な開発目標)」という言葉。理念や目標として掲げる企業も増えていますが、元伊藤忠商事株式会社会長で企業経営のプロフェッショナルである丹羽宇一郎氏は、このような風潮に警鐘を鳴らします。なぜ「美しい言葉」を警戒する必要があるのか? 新刊『会社がなくなる!』からお届けします。
タイトルとURLをコピーしました