大人の教養としての アート入門

Book

『大人の教養としての アート入門』

著者:山内宏泰

アートというと敷居が高いと感じる人はいるかもしれないが、本書ではとっつきやすくするために要点を絞って書かれている。

海外における絵画の流れ、日本においての絵画の流れが学ぶ事が出来る。

嬉しいのは日本の絵画が海外に対して影響を与えていた点。

Article

・「組織の慢性疾患」をセルフケアする新しい対話の方法「2 on 2」とは?

「組織の慢性疾患」をセルフケアする新しい対話の方法「2 on 2」とは?
リモートワークが長期化している今、わかりあえない上司と部下の「モヤモヤ」は最高潮に達しているのではなかろうか。さらに、経営層からの数字のプレッシャーが高まる一方で、部下にはより細やかなマネジメントが求められる。仕事を抱え込み、孤立無援のマネジャーたちの疲弊度も限界にきている。そこで今回、「HRアワード2020」書籍部門...

・テレワーカーの「仕事環境への投資」 3位「パソコン」、2位「机」、1位は?

テレワーカーの「仕事環境への投資」 3位「パソコン」、2位「机」、1位は?
コロナ禍で増えたテレワーカーは、快適な仕事環境を作るためにどんなところへお金をかけているのだろうか。

・1500人が購入済み!注目を集める薄型財布に隠された革新性

1500人が購入済み!注目を集める薄型財布に隠された革新性
現金の使う頻度は確実に減ってきているものの、スマホ決済だけに頼るのはやはり不安があります。災害時の備えとして現金を持ち歩くことを再評価する声もあり...
タイトルとURLをコピーしました