チーズはどこへ消えた?

Book

『チーズはどこへ消えた?』

著者:スペンサー・ジョンソン

この本におけるチーズは、人生でもとめるもの(仕事、家族や恋人、お金、大きな家、自由、健康、人に認められること、心の平安、趣味)を象徴している。

ある日いつものチーズステーションからチーズが消えた。

そのチーズが戻ってくるといつも通りチーズステーションに行く者。勇気を出して迷路に入り新たなチーズを探す者の対比が書かれている。

変化を恐れない方が楽になっていき、新たなチーズを得れる。なるほど。

Article

・大企業のデジタル変革に必要な「新しい人材像」とは?

大企業のデジタル変革に必要な「新しい人材像」とは?
今回からは、企画を実行に移す、すなわち「やってみる」段階にフォーカスする。ここで最も重要なのは人材だ。デジタル領域において必要性が高まっているのはどのような人材か、どう獲得すればよいのか考えてみたい。

・せっかちになろう。Windowsの時短テクニック19選

せっかちになろう。Windowsの時短テクニック19選
時は金なり。コンピュータの前に座っている時間が長いと、もっとWindowsを効率的に使いこなせたら自由にできる時間が増えるのになーって思ったことあ...

・ポジティブな人ほどリッチになる。「お金に困らない人」のお金の使い方

ポジティブな人ほどリッチになる。「お金に困らない人」のお金の使い方
この本は、僕たちが「難しい」「汚い」「品がない」……といったようなイメージを抱いてしまいがちなお金について、その思い込みから少しでも解き放たれて、豊...
タイトルとURLをコピーしました