ポジティブ哲学

Book

『ポジティブ哲学!-三大幸福論で幸せになる-』

著者:小川 仁志

アラン、ラッセル、ヒルティという幸福を追求した哲学者の言葉を基に著者が解説をする本。

著者自身はサラリーマン、フリーター、公務員と様々な経験をしながら、紆余曲折の中で学んでいる。

人生は山あり谷ありあるが、その中で学ぶ要素は沢山あって、知性と感性は磨かれていく。

『色々ある中で真摯に自分と向き合う』事が幸福へと繋がっていくのではないかと本を読んで思った。

Article

・10年後に生き残る会社と行き詰まる会社は、何が違うのか

10年後に生き残る会社と行き詰まる会社は、何が違うのか
ビジネスの環境が目まぐるしく変化する現代。今は安泰だと思えても、今後の市場や顧客のニーズを注視する必要があるでしょう。会社が生き残れるかどうか、経営者の手腕が問われます。

・20代の8割「70歳まで働きたくない」。老後不安でも「20代は資産運用より自分への投資を」と専門家

20代の8割「70歳まで働きたくない」。老後不安でも「20代は資産運用より自分への投資を」と専門家
人生100年時代とはいえ、30代の6割以上、20代の会社員の8割以上が「70歳までは働こうとは考えていない」——。「公的年金だけでは、老後のお金は...

・孤独と闘う8つの方法

孤独と闘う8つの方法
米医療保険大手シグナによる「孤独指数」報告書によれば、米国での孤独のレベルは「まん延のレベル」に達しており、最も孤独を感じているのは若者だという。シグナが行ったアンケート調査では、回答者の半分近くが、時々あるいは常に孤独に感じると答え、40
タイトルとURLをコピーしました