いい会社を見極める 株式投資入門

Book

『いい会社を見極める 株式投資入門』

著者:藤野英人

最近は預金のリスクを知って株式投資に興味がある方が増えてきたのではないだろうか。

本書では親から50万円の定期預金をわたされた28歳の女性が、ファンドマネージャーの叔父に投資について教えてもらうというストーリー構成である。

株式とは?会社とは?社会とは?人とは?と色々な事を学ぶキッカケに株式投資はなるのだなと思った。社会の見え方が変わりそうである。

Article

・「本気でやりたいこと」が見えないリーダーがまずやるべきこと

「本気でやりたいこと」が見えないリーダーがまずやるべきこと
リモートワーク、残業規制、パワハラ、多様性…リーダーの悩みは尽きない。多くのマネジャーが「従来のリーダーシップでは、もうやっていけない…」と実感しているのではないだろうか。そんな新時代のリーダーたちに向けて、認知科学の知見をベースに「“無理なく”人を動かす方法」を語ったのが、最注目のリーダー本『チームが自然に生まれ変わ...

・金融21社が共同署名、社会課題解決に「意図」をもって取り組む。男性ばかりの会見に「ジェンダー平等、タイムラグあるが実現されていく」

エラー

・無理なく「先延ばし」を減らす4つの行動習慣

無理なく「先延ばし」を減らす4つの行動習慣 | ライフハッカー[日本版]
『「できない自分」を脳から変える行動大全』(菅原洋平 著、扶桑社)より、「先延ばし」しそうになったとき、意識したい4つのポイントを解説します。
タイトルとURLをコピーしました