幸せダイニング専門書

Book

『幸せダイニング専門書』

著者:黒羽雄二

著者はダイニングコンサルタントとして活動しており、数々のダイニングを観てきている。

ダイニングと家族の状態の関連性にも気づき、良きダイニング環境にすることは家族のコミュニケーションを良好にする手段の一つとして書かれている。

僕も以前は理学療法士として訪問リハで色々な家に伺ったが、ダイニングの状態は確かに情報の一つとして観ていたように思うので、本書には共感する点が多々あった。

Article

・地元の方言で体を動かして 滋賀・近江八幡で「島弁ラジオ体操」

地元の方言で体を動かして 滋賀・近江八幡で「島弁ラジオ体操」|社会|地域のニュース|京都新聞
滋賀県近江八幡市の島地域の住民たちが、地元の方言を交えた「島弁ラジオ体操」のCDを作成した。「気分出してきばろまいか(頑張ろうか)」など、…

・メモで思考の軌跡を残す――人間は忘れやすい動物

メモで思考の軌跡を残す――人間は忘れやすい動物 | GLOBIS 知見録
今年7月発売の『入社1年目から差がつく 問題解決練習帳』から「Lesson18思考の軌跡を地図にする」の一部を紹介します。分析を進めていくうえで、何をどこまで考えたかを忘れてしまうことはしばしばあります。そこで思考の軌跡をメモにすることが重要になりま…

・内緒のSNSアカウントが会社の後輩にバレたときの「起死回生策」とは!?

内緒のSNSアカウントが会社の後輩にバレたときの「起死回生策」とは!?
大人の日常生活は、微妙なピンチの連続です。適切な言い訳を繰り出して、自分を守りつつ周囲のストレスを最小限に抑えましょう。
タイトルとURLをコピーしました