任せ方の教科書

Book

『任せ方の教科書』

著者:古川 裕倫

リーダーとして、何でも仕事ができてグイグイ引っ張って、毎日頑張ってスーパーヒーローの様に過ごすのはやり甲斐があるかもしれない。

しかし、組織全体のエネルギーとしてはたして高いものだろうか?

自分の仕事をしっかり任せて、育てる方が組織全体のエネルギーは高くなる可能性が高い。

本書はその『任せ方』が非常にわかりやすく記載されている。

Article

・無理に共感しなくていい。会話が苦手でも「自分軸」で言いたいことは伝わる

無理に共感しなくていい。会話が苦手でも「自分軸」で言いたいことは伝わる
人になにかを伝えるのは難しいものですが、会話力、回答力をアップするためには「自分軸」を確立することが大切だと主張するのは、『会話が苦手な人のためのす...

・多くの学校の業務改善、働き方改革は、メスの入れどころを間違っている

多くの学校の業務改善、働き方改革は、メスの入れどころを間違っている(妹尾昌俊) - Yahoo!ニュース
学校は忙しい。多忙の内訳を見ると、部活動、行事、採点などにも業務改善、働き方改革のメスを入れていく必要がある。保護者や教員(教師)の反発も大きいが、そこに切り込まないと、大きな時間は生み出せない。

・今日学んだことを、明日生かすコツ

今日学んだことを、明日生かすコツ
その日あったこと、感じたこと、感謝を綴る日記。あなたが実践しているのがモーニングページであれ、一行日記であれ、毎日の習慣にもう1つ付け加えることを提...
タイトルとURLをコピーしました