2割に集中して結果を出す習慣術

Book

『2割に集中して結果を出す習慣術』

著者:古川 武士

完璧主義では時間がかかりすぎたり、いざという時にエネルギーが低かったりと結果を出すためには効率が良くない。

それにたいして「力の入れどころと抜きどころ」を見極め、努力を高い成果に結びつけるための思考・行動習慣について本書では学べれる。

これからは自分の仕事の仕方を見直そうと思った一冊。

Article

・GO TO トラベルに東京追加で予想される「3つのこと」

GO TO トラベルに東京追加で予想される「3つのこと」
リニューアルして週2回定期更新!ユーチューブ内藤忍チャンネル【投資のプロが解説!人生を変える「お金の成功戦略」】を是非ご覧ください!—昨日から「Go To トラベル」キャンペーンに東京発着が追加され、10月1日から利用できるようになります。その効果は凄まじく、

・「9割の人が行動しない」自分の殻を破り、アクションを起こした女性の逆転ストーリー

「9割の人が行動しない」自分の殻を破り、アクションを起こした女性の逆転ストーリー
「彼女は一歩踏み出すのに、時間がかかりそうだな」これが、和田まりあをはじめてみたときの印象だった。私は全国で地域課題をビジネスの手法で解決する起業家育成塾を開催しているが、一番最後のスライドには「99%の人が行動しない」というスライドをいれ

・制約を外すのではなく、制約を明確にするから、「自由な思考」が生まれる

制約を外すのではなく、制約を明確にするから、「自由な思考」が生まれる
単なる「優秀な部下」にとどまるか、「参謀」として認められるかーー。これは、ビジネスパーソンのキャリアを大きく分けるポイントです。では、トップが「参謀」として評価する基準は何なのか?それを、世界No.1企業であるブリヂストン元CEOの荒川詔四氏にまとめていただいたのが、『参謀の思考法』(ダイヤモンド社)。ご自身が40代で...
タイトルとURLをコピーしました