深く考えるための最強のノート術

Book

『深く考えるための最強のノート術』

著者:午堂 登紀雄

頭の中で不安や葛藤、希望やアイデアなど色んな事が溢れている。

ノートに書くことによってそれが整理され見える化されていく。

日々の生活、これからの人生を充実させるためにも『ノート』の活用は重要である。

本書を読んでまずは2週間、ノートの活用をおこなってみるのはどうだろうか?

Article

・困難な時期でも楽観的な思考を保つ3つの方法

困難な時期でも楽観的な思考を保つ3つの方法
新型コロナウイルスのまん延により、非常に多くの人の生活が劇的に変化した。楽観的に思えることがほとんどない場合も前向きな見通しを持ち続けることは難しい。状況を楽観視することはできないと示唆するものがあまりに多い場合、どのようにして自分の生活や

・「自分から学ぶ力」がない人に、決定的に足りていないモノ

「自分から学ぶ力」がない人に、決定的に足りていないモノ
発達障害のひとつであるADHD(注意欠陥・多動症)の当事者である借金玉さん。早稲田大学卒業後、大手金融機関に勤務するものの仕事がまったくできずに退職。その後、“一発逆転”を狙って起業するも失敗して多額の借金を抱え、1ヵ月家から出られない「うつの底」に沈んだ経験をもっています。 近著『発達障害サバイバルガイド──「あた...

・【3つのキーワード】人を動かし励ますリーダーのコミュニケーション

【3つのキーワード】人を動かし励ますリーダーのコミュニケーション
この未曾有の変化に晒された時代を進んでいくためのマニュアルはどこにも存在しない。しかし、企業文化やインクルージョンに投資する企業には、見習いたいリーダーがいる。よりよい変革を実現する上で、誰もが...
タイトルとURLをコピーしました