トップ1%の人だけが実践している 思考の法則

Book

『トップ1%の人だけが実践している 思考の法則』

著者:永田 豊志

日本において40年以上ずっと生き残れる企業やビジネスは1%以下に過ぎない。そんなサバイバルゲームを生き残れるトップ1%の思考法について本書では書かれている。

『5A サイクル』を用いてビジネスを創造しする力が求められている。
その『5A サイクル』は何か?

そして、ケーススタディを通してどういった点を注意したら良いかが書かれている。

Article

・「体の弱い母親を罵倒」83歳元官僚の父親を世話する41歳独身のため息

「体の弱い母親を罵倒」83歳元官僚の父親を世話する41歳独身のため息 しかも退職金と実印が「消滅」
現役時代は国家公務員だった83歳の父親は、以前から母親に対して見下すような対応をしていたが、約5年前からはそれが暴力的なものに変わった。また、父親の自室は昔からゴミ屋敷のようになっていたが、最近は本人でさえ立ち入らない。41歳ひとりっ子の独身男性は、自分の時間を削って老親の世話をするようになった。実家を詳しく調べていく...

・次の疫病対策でも不可欠「動物福祉」の実現に必要な3つの課題

次の疫病対策でも不可欠「動物福祉」の実現に必要な3つの課題 | 「ヴィーガンvs雑食主義者」「都会vs田舎」の問題ではない!
動物は、私たちの家族、地域、社会の一員だ。人間はほかの動物から元気づけられ、命を救われることすらもある。互いに有益な関係性もありうる。一方で、人間が動物を苦しめることもある。それはほかの動物にとって有害なだけでなく、自分たちも危険にさらすことになる。これは倫理・道徳上の重大な問題だ。私たちのこれからの経済的・環境的・…

・「嫌いなものは嫌い」では、コミュニケーションは深まらない

「嫌いなものは嫌い」では、コミュニケーションは深まらない
好き嫌いに理由などないと思いがちだが、実は、感覚的に思えるようなものにも、きちんと理由なり、思考の経路がある。普段意識していない部分まできちんと整理し、言語化できるかどうかが、コミュニケーションの重要なポイントとなる。そして、頭の中を可視化するのにもってこいなのが「図解化」である。
タイトルとURLをコピーしました