「効率」も「満足度」もあきらめない 怠け者の時間術

Book

『「効率」も「満足度」もあきらめない 怠け者の時間術』

著者:午堂 登紀雄

仕事をしながら資格勉強。そして会社の経営者へ。

怠け者だった著者が、上手く行動するための時間管理・仕組み術が書かれている本。

時間の使い方が人生の質に影響すると再認識。

Article

・経営者に非情な現実を知らしめる「銀行の個人保証」という重石

経営者に非情な現実を知らしめる「銀行の個人保証」という重石 | 富裕層向け資産防衛メディア | 幻冬舎ゴールドオンライン
銀行の重要な仕事のひとつに、企業への「融資」があります。お金を貸してもらった企業は、それを元手にビジネスチャンスをつかむわけですが、当然ながら、融資には条件があります。なかでも重要なのは「担保」と「個人保証」で、銀行がそれらを社長に求めるのは、単に貸し倒れを防ぐ以外の目的もあるのです。自身もメガバンク出身の経済評論家・...

・良し悪しではなく「腹落ち」意志のある企業、経営者は強い

良し悪しではなく「腹落ち」意志のある企業、経営者は強い
ウィズコロナ、アフターコロナ時代の「これからの理想」をみんなで話そう。そして、ビジョンを再定義しよう。フォーブス ジャパン8・9月号では「新しいビジョン」入門特集を掲載。これからの時代の「ビジョン」を考えるガイドブックを目指し、台湾のデジタ

・人生をつまんなくしてるのは、自分なの──所ジョージ流「毎日」の面白がりかた

人生をつまんなくしてるのは、自分なの──所ジョージ流「毎日」の面白がりかた
いろいろなことが以前と同じようには行かなくなった。思った通りにできなくなった。不便が増えた──。コロナ禍のなかで、そんなストレスを感じている人は多いと思います。しかし、きっとこの人なら、まったく違う捉え方をしているのではないか、そう思える人
タイトルとURLをコピーしました