ストーリーでわかる スターバックスの最強戦略

Book

『ストーリーでわかる スターバックスの最強戦略』

著書:浅沼 宏和

多くの人が一度は行った事があるスターバックス。

本書ではそのスターバックスの経営戦略について創業時、事業拡大時期、低迷時期、再建時期のそれぞれが記載されていた。

『本物のコーヒーを提供する』

その創業者の想いを、経営手腕のあるハワード・シュルツが世界へと大きく拡大させた。

最初から順風満帆ではなく、とてつもないハイリスクを侵しながらも、信念を持って行動し続けていたのは凄い。

そして、なんといっても従業員教育の徹底。

従業員の事をパートナーと呼び、共にスターバックスの誇りを追求している姿勢には感服した。

勉強になっただけでなく、またスターバックスに行くのが楽しみになった。

Article

・喜びは長続きしない。ではどうする? できる人が実践する人生のルール

喜びは長続きしない。ではどうする? できる人が実践する人生のルール
『できる人の人生のルール』(リチャード・テンプラー 著、桜田直美 訳、ディスカヴァー・トゥエンティワン)は、英国で累計80万部、英語版だけで...

・「今まで大丈夫だったから」が危険な理由

「今まで大丈夫だったから」が危険な理由
部下から「昨年のデータを見て下さい」と言われると、上司としては反論しにくいですね。客観的なデータほど説得力のある物はありませんから。しかし、過去のデータはあくまでも過去のデータですから、これを見て物事を判断するのは、バックミラーを見ながら運転するようなものなのです。気をつけましょう。

・『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』 未来は彼らの手の中にある!

『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』 未来は彼らの手の中にある! - HONZ
本書は、「ぼく」が「元底辺中学校」を選んでから1年半の出来事を、母である著者が飾らない言葉でまとめた本である。だが、事実の列挙に終わらず、読者への問いかけが胸に迫ってくる。ノンフィクション作家としての著...
タイトルとURLをコピーしました