ハーバード流 幸せになる技術

Book

『ハーバード流 幸せになる技術』

著者:悠木 そのま

最近はGDP(国内総生産)よりもGNH(国民総幸福量)が重視されつつあるそうだ。

誰もが「幸せに過ごしたい」と思っていながら、見誤ってしまうのが「幸せについて」である。

幸せとは何か?について見つめ直すだけでなく、具体的な技術(方法論)について書かれている。

・幸せを導く『成功の技術』

・幸せを殖やす『お金の技術』

・ソウルワークと出会う『キャリアの技術』

・幸せな人生を築く『目標の技術』

・幸せを創る『行動習慣の技術』

どれも身につけたい技術ばかり。

32歳の1冊目として読めて良かった。

Article

・仕事が早く終わる人の特徴、「オーウェル思考」とは何か?

仕事が早く終わる人の特徴、「オーウェル思考」とは何か?(吉田 幸弘) @moneygendai
残業、休日出勤……なぜ仕事がなかなか終わらないのか? 人材育成コンサルタントの吉田幸弘氏によれば、仕事が早く終わる人は、ものごとを「オーウェル思考」で考えるという。一体どんな考え方なのか、解説してもらった。

・“出る杭を育てる”、文科省が大学教育・経営の改革で新事業

“出る杭を育てる”、文科省が大学教育・経営の改革で新事業|ニュースイッチ by 日刊工業新聞社
こちらは、“出る杭を育てる”、文科省が大学教育・経営の改革で新事業のページです。日刊工業新聞社のニュースをはじめとするコンテンツを、もっと新鮮に、親しみやすくお届けするサイトです。

・好きなことで生きるなら「お金をもらう」という決断をする

好きなことで生きるなら「お金をもらう」という決断をする
仕事がないなら、つくればいい! 働き方改革、副業解禁。好きなことを仕事にするとは聞くけれど、自分には無理と決めつけていませんか? 著者もかつては「好きなことを仕事に」とは思えなかった、ふつうの人でした。経歴なし、留学なし、壮絶経験なし。流されて就職するもたった2ヵ月でギブアップ。そんなふつうの人が、どのように好きなボ...
タイトルとURLをコピーしました