Movie

『光』(2017年)

ジャンル:ヒューマン

上映時間:102分

監督:河瀬 直美

出演:永瀬 正敏、水崎 綾女 他

<感想>

視覚障がい者のために映画の音声ガイドを作成している女性が、視力を失いゆく天才カメラマンとの出会いを通じて変化していく様子を描いている。

相手の事が視覚的・物理的に見えていたとしても、自分からの視点だけでは相手の事を見ることは出来ていないことが多い。

よって相手へ取る行動が主観的な押し付けになるのかもしれない。

相手の立場に立った視点を持とうとする。

そういった想像をする事で、行動の内容や間合いがまろやかになっていくのだろう。

勿論、人間は完璧ではない。

自分だけでなく、相手の心の中にも整理しきれていない葛藤があったりするので、正解はハッキリとはしない。

ただ、自分の想いと相手の想いが視点を変えあって交差していく。その中で流れていく時間は、良き『交流』となるのだろう。

Article

・「人生の墓場に入ったとずっと思っている」。厚労省の職員や退職者の叫びと改革への動き。

「人生の墓場に入ったとずっと思っている」。厚労省の職員や退職者の叫びと改革への動き。
厚労省の若手たちが動いた。

・社員の健康な心身を成長に結びつける「ワークエンゲイジメント」って何?

社員の健康な心身を成長に結びつける「ワークエンゲイジメント」って何?|ニュースイッチ by 日刊工業新聞社
こちらは、社員の健康な心身を成長に結びつける「ワークエンゲイジメント」って何?のページです。日刊工業新聞社のニュースをはじめとするコンテンツを、もっと新鮮に、親しみやすくお届けするサイトです。

・知らないと恥ずかしい!「損益分岐点」とその計算方法とは?

知らないと恥ずかしい!「損益分岐点」とその計算方法とは? | ZUU online
経営者はもちろん、初級マネージャーにとっても必ず知っておくべきといわれる、非常に重要な数字がある。それが「損益分岐点」だ。
タイトルとURLをコピーしました