マザー・テレサCEO 驚くべきリーダーシップの原則

Book

『マザー・テレサCEO 驚くべきリーダーシップの原則』

著者:ルーマ・ボース&ルー・ファウスト

皆さんご存知であろうマザー・テレサは、1948年に『神の愛の宣教者会』を設立。「もっとも貧しい人々のために働く」という理念のもとに活動は行われている。

本書はマザー・テレサが抜群のリーダーシップ・マネジメント能力の持ち主だった事に着眼して記載させている。

僕の感想としては、いかに「ビジョンを明確にしているのか?」が大事だと思った。

ビジョンが明確であれば、それに見合った倫理観と判断の基準が現れるし、周囲に対して発信する内容が構成されやすい。また受け手側としても明確なビジョンの方が理解して協力がしやすくなる。

マザー・テレサは情熱と愛の人だったのだろう。

見習えるところは見習って、研鑽していきたい。

Article

・小型軽量で戦う日本メーカーと突然のMacBook Air投入から考えるPCの今

小型軽量で戦う日本メーカーと突然のMacBook Air投入から考えるPCの今【西田宗千佳のイマトミライ】
先週、国内PCメーカーが相次いで新製品を発表した。富士通クライアントコンピューティング(FCCL)がフルラインナップを刷新し、VAIOがソニーからの独立5周年に合わせて新モデルを発表した。Dynabookも法人向けモデルを発表した。そして、アップルもMacBook Pro 13インチモデルとMacBook Airを刷新...

・日本のキャッシュレスが遅れる2つの理由

日本のキャッシュレスが遅れる2つの理由 ATMを使っても手数料がかからない
最近、「キャッシュレス」という言葉をよく聞くようになりました。キャッシュレスというと、「◯◯ペイ」と呼ばれるようなスマートフォンを使った決済サービスをイメージするかもしれませんが、銀行振り込み・引き…

・「仕事のプロ」は、自ら考え、動き、すごい成果を出す

「仕事のプロ」は、自ら考え、動き、すごい成果を出す
これまで50の新規事業(企業内起業17回、独立起業19回、週末起業14回)に携わってきた守屋実さんの初の著書『新しい一歩を踏み出そう!』が5月15日にダイヤモンド社から発刊されました。守屋さんは、大学在学中から現在に至るまで、一貫して新しい事業だけをやり続けてきたという稀有なキャリアの持ち主。守屋さんの実績を表す一端と...
タイトルとURLをコピーしました