社員100人までの会社の社長の仕事

Book

『社員100人までの会社の社長の仕事』

著者:古田土 満

会社の存在意義である経営理念に対して、経営資源を運用しながら戦略を実行していく。その決断と責任を果たすのが社長の仕事だと僕は思う。

経営資源は人・物・金・情報。

本書は著者が会計士という事もあり、金(資金)のマネジメントについての内容だった。

そして事業の目標設定についても書かれている。

変化の激しい不確実性の現代で、長期目標は立てなくても良いのでは?という意見を聞いたりもする。

しかし、本書では自社の理想的な目標を掲げて計画をたてる大切さ、そして具体的な方法が書かれていた。

その計画や現状把握のためにも資金の管理、数字の見方が大事である。

目標設定と資金のマネジメントを学ぶには良い本だと思った。

Article

・子供が「宿題・片付け」を自発的にはじめる伝え方のコツ|育児ハック

子どもが「宿題・片付け」を自発的にはじめる伝え方のコツ|育児ハック
子育てに関して学ぶのが一番難しいのは、子どもにやるべきことを指示しないことです。やるべきことを子ども自身に見つけさせるよりも、大声で指示する方が、私...

・「弱み」をさらけ出せる人の方が仕事で成功できる理由

「弱み」をさらけ出せる人の方が仕事で成功できる理由
強みを伸ばすことは、キャリア形成でとても重要です。しかし、私が強調したいのは「弱み」の方です。弱みをさらけ出したくない人は少なくありませんが、実際には弱みの開示は強いチームを作る上で非常に重要です。

・昇給を実現するための3つのヒント

昇給を実現するための3つのヒント
昇給を要求するのは容易いことでない。上司に拒否され、失意やばつの悪さとともに交渉を終えることも多い。しかし当然ながら、確かな昇給実現方法はひとつしかない。それは、自分から要求することだ。私は先日、上手に昇給を要求する方法を知るべく、ビジネス
タイトルとURLをコピーしました