On The Beach 1

Book

『On The Beach 1』

著者:Jurgen Lehl(ヨーガン レール)

沖縄に住んでいる著者は、浜辺を犬と一緒に歩くのを日課にしている。

浜辺には綺麗な貝殻が落ちており、嬉しい気持ちになるそうだ。

それとは別に浜辺には多くのゴミが漂流していて、著者は怒りと悲しみが湧いてくるらしい。

浜辺にある美しさ物と醜いもの(ゴミ)の写真が対比されていて、中盤以降からはゴミで作った新しい芸術が載せられている。

人間にとって海は楽しむ場だが、モラルの欠けた愚かさによって楽しめない場所になってきている。

景観だけでなく、他の動物たちが生存する事を考えても、ゴミへの対応は真摯に取り組むべきだ。

気がつけば、2〜3ヶ月で夏だ。

海に行く前に、モラルをちゃんとしよう。

そして、本書で載っている芸術作品。

本当に凄い。

怒りと悲しみを、美しさに昇華させた作品たち。是非ご覧を。

Article

・プレゼン効果を「その場」で倍増させる3つの実践ノウハウ

プレゼン効果を「その場」で倍増させる3つの実践ノウハウ
プレゼンは内容がいくら素晴らしくても、話し方、いわゆるデリバリーが上手くいかないと、せっかくの良い話も意味がない。内容以外の「話し方」にこだわって、工夫できるポイントがある。プレゼン効果を「その場」で倍増させる秘訣を教えよう。

・書籍を0円で売る実験-購入後に払ってもらう「価格自由」な売り方

書籍を0円で売る実験 — 購入後に払ってもらう「価格自由」な売り方 | AdverTimes(アドタイ) by 宣伝会議
目の前のアイテムが一瞬で現金に変わるアプリ「CASH」など、革新的なビジネスを立ち上げる起業家の光本勇介氏が著書『実験思考 世の中、すべては実験』(NewsPicks Book)を5月に発売する。

・人類の移住を可能にするかもしれない「火星の地下水」

人類の移住を可能にするかもしれない「火星の地下水」
最新の仮説によれば、火星には広範囲にわたって地下水が存在し、その水は地底の奥深くから湧き上がっているという。そもそも研究者たちが火星で水を探すきっかけとなったのが、クレーターの側面にある水の流れた痕跡のような線だが、それが出来た原因に関して
タイトルとURLをコピーしました