バックトレース

Movie

『バックトレース』(2018年)

https://amzn.to/4aKzOC3

ジャンル:クライム/アクション

上映時間:96分

監督:ブライアン・A・ミラー

出演:シルヴェスター・スタローン、マシュー・モディーン 他

<あらすじ>

記憶を失った銀行強盗が収容所から連れ出され、とある薬で記憶を戻そうとされる。過去に強盗した大金の場所を探すために。その強盗達を凄腕警官が追う…というお話。

<感想>

「銀行強盗=悪者」のイメージはあるけれど、記憶喪失だったり、変な注射を打たれそうだったりで可哀そうな設定だった。

どちらが正義なのか?被害者なのか?というのが視点が違ってわかりにくく、それが最後の結末に上手く結びついているように思った。

最初からガンアクションが多めの作品。

Article

・小3算数「1列14人でAの前に7人。後ろに何人?」大人にはわからない3年生の7割が誤答する理由【2023下半期BEST5】

小3算数「1列14人でAの前に7人。後ろに何人?」大人にはわからない3年生の7割が誤答する理由【2023下半期BEST5】 「65の前の数は?」と聞かれ「66」と答える子を笑えない
「なぜ、うちの子は文章題だと解けないのか」。計算問題は大丈夫なのに、文章題だとわからない、間違えてしまうという子は多い。慶應義塾大学教授の今井むつみさんは「子供がつまずくのには原因がある。うちの子は苦手だからと決めつける前に、まずは、子供なりの理屈を知ることから始めるといい」という――。(前編/全2回)

・トランスクリエーション:AI時代に必要な哲学と共感のデザイン

トランスクリエーション:AI時代に必要な哲学と共感のデザイン | Forbes JAPAN 公式サイト(フォーブス ジャパン)
「トランスクリエーション」という言葉をご存知だろうか? それは「新しい共感」を創造する技法である。生成AIが苦手な「共感」を人間の創造の中心においていくことに主眼を置く。このトランスクリエーションを軸に言語、地域、文化、市場、世代などの差異...

・「あの頃、必死で働いたから今がある」「今の若者はヌルい」と考える上司へ

「あの頃、必死で働いたから今がある」「今の若者はヌルい」と考える上司へ
働き方改革が進む一方で「とはいえ、ハードワークで成長してきた」「今の若者はヌルい」と考えたことがある人が多いのではないだろうか。変わりゆく働き方の中で、上司や経営者はこのギャップをどのように捉えてマネジメントすべきなのか。
タイトルとURLをコピーしました