一流の人間力

Book

『一流の人間力』

著者:井上裕之

Bitly

20代までは「自分の仕事の専門スキル」を身につけた方がいいけれど、30代からは「人間力」について学んだ方が良いとの事。

その人間力については「素直さ」「学び」「自責」「礼儀礼節」「立ち直る」「自愛」「成長」の7つの要素があるらしく、それぞれについての向上の仕方が書かれていた。

Article

・「こんな日が来るなんて」全盲の私には夢だった「1人で散歩」ができた 願いを叶えたアプリの衝撃、その先に見えた課題

「こんな日が来るなんて」全盲の私には夢だった「1人で散歩」ができた 願いを叶えたアプリの衝撃、その先に見えた課題 | 47NEWS
香川県出身の川田隆一さん(63)は生まれつきの全盲だ。中2で親元を離れて東京教育大附属盲学校(現在の...

・介護疲れなどの殺人や心中「8日に1件」 60歳以上、大学教授が集計

介護疲れなどの殺人や心中「8日に1件」 60歳以上、大学教授が集計 | 毎日新聞
60歳以上の当事者が死亡し、介護疲れや将来への悲観などが原因とされる親族間での殺人や無理心中事件が2021年までの10年間で、全国で少なくとも計437件(死者443人)あったことが判明した。平均すると、8日に1件発生していることになる。日本福祉大の湯原悦子教授(司法福祉論)が、全国の報道機関が報じ

・関西の私鉄沿線のエゲつない格差…日本有数の読めない駅名「十三駅」が全国屈指の人気駅に変わりつつある理由

関西の私鉄沿線のエゲつない格差…日本有数の読めない駅名「十三駅」が全国屈指の人気駅に変わりつつある理由 駅前には関西では最大規模のタワマンが建設中
関西の私鉄沿線の「格差」が広がりつつある。フリーライターの新田浩之さんは「2009年に尼崎~大阪難波間を結ぶ阪神なんば線が開通したことにより、阪神電車の利用者数が激増している。また阪急も十三駅の再開発などで注目を集めている。一方、ローカル線の多い近鉄は低迷しつつある」という――。
タイトルとURLをコピーしました