なぜか人生がうまくいく「明るい人」の科学

Book

『なぜか人生がうまくいく「明るい人」の科学』

著者:和田秀樹

Amazon.co.jp

精神科医の著者が「明るい人」について書いている本。

明るい事による利点、明るい人になる視点・習慣が書かれている。

性格は先天的な様に感じるけれど、「着眼点の様なモノ」と捉えれば参考として受け入れやすいのかなと思った。

Article

・なぜ哲学の入門書は「死ぬほどつまらない」のか…ビジネス教養として哲学を身につけるためのヒント

なぜ哲学の入門書は「死ぬほどつまらない」のか…ビジネス教養として哲学を身につけるためのヒント 「当たり前のこと」か「間違ったこと」ばかり
哲学の入門書にひどくつまらないものが多いのはなぜなのか。コンサルタントの山口周さんは「古代ギリシアの哲学者が出した解答は自然科学でほぼ否定されており、『知的興味』を喚起しにくい。哲学者の結論ではなく、結論に至るプロセスにこそ学ぶものがある」という――。(第1回/全7回)

・「ピーツピ・ヂヂヂヂ」は「警戒し・集まれ!」だ…シジュウカラが文法を持つことを証明した”ルー語の実験”

「ピーツピ・ヂヂヂヂ」は「警戒し・集まれ!」だ…シジュウカラが文法を持つことを証明した"ルー語の実験" 文法を持っているのはヒトだけではなかった
仕事の視野を広げるには読書が一番だ。書籍のハイライトを3000字で紹介するサービス「SERENDIP」から、プレジデントオンライン向けの特選記事を紹介しよう。今回取り上げるのは山極寿一、鈴木俊貴著『動物たちは何をしゃべっているのか?』(集英社)――。

・「鑑賞者がいない無人島でも絵を描き続けるか?」データサイエンスで考えた働き方の科学

「鑑賞者がいない無人島でも絵を描き続けるか?」データサイエンスで考えた働き方の科学 | Forbes JAPAN 公式サイト(フォーブス ジャパン)
最新のAIやビッグデータ分析に利用されている情報工学的な知識を、日常の些細な難題に適用したら──。『となりのアルゴリズム 自分で答えを出すためのデータサイエンス思考』*(篠田裕之著、光文社刊)より、以下、部署の後輩たちとサッカー観戦に出かけ...
タイトルとURLをコピーしました