r>g

Book

『一番やさしいピケティ「超」入門』

著書:中野 明

経済学者であるトマ・ピケティが執筆した『21世紀の資本』

過去200年に及ぶデータから資本主義における富の不均衡の状況と解決策を提示している。

700ページありながら、世界10数ヶ国で翻訳されて100万部を売り上げている。

そんな『21世紀の資本』をイラスト付きでわかりやすく解説している本である。

なんども出てくるのが『r>g』

何?と思った方は是非とも検索を。

YouTubeでもWikipediaでも良いので。

Article

・仕事・給与を自分で決める「ティール組織」に移行した企業が得たモノ

仕事・給与を自分で決める「ティール組織」に移行した企業が得たモノ|ニュースイッチ by 日刊工業新聞社
こちらは、仕事・給与を自分で決める「ティール組織」に移行した企業が得たモノのページです。日刊工業新聞社のニュースをはじめとするコンテンツを、もっと新鮮に、親しみやすくお届けするサイトです。

・大人になっての「勉強」がとても楽しく感じられる理由(上)

大人になっての「勉強」がとても楽しく感じられる理由(上)
思い返せば義務教育やそれ以降、どうしてあんなに勉強を苦に感じていたのだろう。一部の天才をのぞいて、多くの人はどこかの時点で勉学への挫折を経験している。しかし大人になった今、ある程度の時間と経済的余裕を手にして、自分から再度勉強を始める人もいる。

・1+1の答えがわからない。虐待、貧困……。そんな境遇の子どもたちに勉強を教えるNPOの活動とは

1+1の答えがわからない。虐待、貧困......。そんな境遇の子どもたちに勉強を教えるNPOの活動とは
虐待や貧困など、やむを得ない事情で両親と離れて暮らす子どもたちは自然に学ぶことがほとんどなく、小学校の勉強に苦労する。認定NPO法人「3keys(スリーキーズ)」は、そんな子どもたちへの学習支援に取り組む。拠点充実のため、クラウドファンディングで支援を募っている。
タイトルとURLをコピーしました