The Art of Marketing マーケティングの技法

Book

『The Art of Marketing マーケティングの技法』

著者:音部大輔

パーセプション(認知)に対して、知覚刺激を与える事によって、次のパーセプションに移行していき購入・再購入などに結び付けていく『パーセプションフロー・モデル』について書かれている。

AIDAMAやカスタマージャーニーマップと類似しているがより細やかな感じがした。

情報が濃厚なので再読したいと思う。

Article

・プライパンが蓋になる!? 技ありの多機能調理器具「TastePlus」に注目

鍋・フライパン・スチームプレートがまとまった多機能調理器具 | ライフハッカー[日本版]
利便性と機能性に優れた調理器具「TastePlus」。鍋・フライパン・スチームプレートが重ねて使えて蓋・ざるなど様々に使えるキッチンツールです。さらに焦げ付き防止だから油が不要。

・子どもにスマホを持たせるタイミング、2位は「13歳」、1位は?

子どもにスマホを持たせるタイミング、2位は「13歳」、1位は?
子ども用スマートフォンの利用実態に関する調査を実施した。子どもにスマホを持たせるタイミングは「12歳」が最も多かった。キッズスマホではなく、大人同様に一般的なスマホを使用する傾向がある。

・スタートアップの起業初期 典型的な失敗とは

スタートアップの起業初期 典型的な失敗とは | GLOBIS 知見録
スタートアップの起業を成功に導くことは非常に難しい営みです。トップビジネススクールを出た優秀で献身的な起業家が、VC(ベンチャーキャピタル)をも魅了するようなビジネスプランを立てたとしても、3分の2以上は失敗に終わってしまうのが現実です。ただ…
タイトルとURLをコピーしました