他人の成功は自分の成功

Opinion

『他人の成功は自分の成功』

タイトルは20代の頃に聞いた言葉で、非常にインパクトのある言葉だった。

よく考えれば社会の良き循環を表している言葉でもある。

会社として、利用者様に喜んでもらう、従業員・取引先が一緒に働いて嬉しい、投資家は投資して良かったな~と思う。そういう会社は成功しているだろう。

自分が上手くいっていない時は「自分が上手くいくにはどうしたら良いのだろう?」と常に自分の事ばかり考えてしまいがちだ。
ただそれで仮に何とかしてスキル・数値的には上手くいったとしても常にギラギラしているだろう。
それは本当の成功なのだろうか?継続した成功になるのだろうか?

やはり原点回帰というか、僕は『他人の成功は自分の成功』という考え方の方が好きだなと思う。

ここで注意したいのは『自分の成功のために他人を成功させよう』という発想が強く出る場合である。
それは結局自分の成功しか考えていない。見返りを強く求めているのだろう。

もちろん自己犠牲は良くないので、自分をないがしろにしろという訳でもない。
そういう意味ではちゃんと自分と他人との距離感を取れるようになるべきだろう。

シンプルそうにみえて、やや難解さもあるが大切な事だなと。
自戒とワクワクの両方を込めて書いた。

Article

・なんで今まで使わなかったんだろう…「Amazonのスマートスピーカー」が想像以上に便利だった

なんで今まで使わなかったんだろう…「Amazonのスマートスピーカー」が想像以上に便利だった | BuzzFeed Japan
わが家にスマートスピーカー「Echo Show 5」がやってきた!こちらはEcho Show 5 第...

・老人ホーム見守る、やさしき相棒 介護ロボ「今では頼りに」

老人ホーム見守る、やさしき相棒 介護ロボ「今では頼りに」 | 毎日新聞
 消灯時間を迎えた午後9時過ぎの老人ホームの一室。ほのかに青白い光を放つロボットが静かに扉を開く。要介護の高齢者が寝静まる様子を確認すると、そっと扉を閉じた。  大津市の介護施設「アクティバ琵琶」では、昨年11月から人工知能(AI)搭載型の介護支援ロボット「アイオロス・ロボット」を導入。サービスの向

・「ずっと頑張っているのに、ぜんぜんダメ」と思ったときの解決策

「ずっと頑張っているのに、ぜんぜんダメ」と思ったときの解決策
「正解がない時代」で「別解」を生み出し、圧倒的な成果を出す起業家に学ぶ思考と習慣。『起業家の思考法 「別解力」で圧倒的成果を生む問題解決・発見・実践の技法』(平尾 丈著)から一部抜粋・改変したものです。
タイトルとURLをコピーしました