素直でいるためには、鵜呑みをしない

Opinion

『素直でいるためには、鵜呑みをしない』

人の話を素直に聴く。状況を素直に見る。
素直でいることは成長に大切である。

ただ素直でいる事が難しく感じる事もある。
それは何故だろう?と考えていた。

要因は複数あると思うけれど、その一つとして「鵜呑みを恐れている」というのがある。
鵜呑みをして失敗をする事を経験すると、他人の意見を聞いても失敗するのではないか?と恐れてしまう。なので、そもそも他人の意見をしっかり聴くことを辞めようとしてしまうかもしれない。

情報は情報として素直に聴く。ただ他の情報も収集する。
素直に聞いて行動に起こすけれど、撤退(行わない)状況も用意しておく。

鵜呑みをしない事を最低限決めておくことで、素直さが必要なタイミングとのメリハリを持たされるのではないか?と思った。

ちなみに、過去の僕のYouTubeでも「素直と鵜呑みの違い」を取り上げていた。

Article

・日本人技術者の給料がアメリカにボロ負けする訳

日本人技術者の給料がアメリカにボロ負けする訳 | 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
アマゾンが従業員の年収上限を日本円換算で4000万円に引き上げたと報じられた。技術者の引き抜きに対抗する狙いがあるという。あまりの高額さに言葉を失う。しかし、これはアメリカでは格別に珍しいこととはいえな…

・高速利用料不払い、車の所有者情報をオンライン提供…ETC拡大で道路各社に

高速利用料不払い、車の所有者情報をオンライン提供…ETC拡大で道路各社に : 経済 : ニュース
国土交通省は、高速道路の利用料を払わなかった車の所有者情報を、オンラインで各高速道路会社に提供する方針を固めた。3月に道路運送車両法の省令を改正する。自動料金収受システム(ETC)レーンの拡大で不払いの増加が見込まれて

・国内初 水素で走る電車を公開 2030年の実用化目指す JR東日本

国内初 水素で走る電車を公開 2030年の実用化目指す JR東日本 | NHK
【NHK】水素で発電しながら走る国内初の電車をJR東日本などが開発し、車両が公開されました。走行中は二酸化炭素を出さず、JRでは脱…
タイトルとURLをコピーしました