捨てる。手を抜く。考えない。月460時間労働から抜け出した私の方法

Book

『捨てる。手を抜く。考えない。月460時間労働から抜け出した私の方法』

著者:須田仁之

非常に謙虚でポップな書き方をされているが、過酷な仕事をしながらそれをいかにクリアしていくのか?を追求していった結果の知恵が書かれていると思った。

現代では著者が経験したような過剰な労働時間は良くないと思われるだろうけれど、1日8時間労働だとしてもどうやったらより良くなるのか?を取り組むには参考になるだろう。

Article

・量子コンピューター開発拠点 国内設置方針 米企業も誘致へ

量子コンピューター開発拠点 国内設置方針 米企業も誘致へ | NHK
【NHK】スーパーコンピューターをはるかに上回る計算能力を持つ量子コンピューター。国際競争に追いつくために経済産業省はアメリカの有…

・「クレジットカード」の利用で後悔したこと 2位「支払い能力を超える利用」、圧倒的1位は?

「クレジットカード」の利用で後悔したこと 2位「支払い能力を超える利用」、圧倒的1位は?
Agooraが運営する「クレジットカードおすすめ比較隊」はクレジットカードを所有し、何らかのトラブルや後悔を経験している人を対象にアンケートを実施した。

・CFOから見れば「お金には色がある」

CFOから見れば「お金には色がある」
よく「お金に色はない」と言われるが、CFO(最高財務責任者)の立場から見るとお金にはそれぞれ色がついている。資金調達の選択肢の中から何を選ぶのか、そして誰から調達するのかによって、企業の将来が大きく変わる。
タイトルとURLをコピーしました