顧客起点のマーケティングDX データでつくるブランドと生活者のユニークな関係

Book

『顧客起点のマーケティングDX データでつくるブランドと生活者のユニークな関係』

著者:横山隆治、橋本直久、長島幸司

スマホ普及率は90%以上になっており、多くの方はSNSやネットショッピングを利用している。
生活者のほとんどがDXしているのだ。

それに対して企業側の方がDXが遅れている事が多い。

マーケティングをするにしても、デジタルを活用してデータ取集をした方がより良い。

本書ではテレビCMをするにしても、デジタルでデータ収集をした上で行った方が良いという事が具体的に書かれている。

Article

・20代〜30代の「がん」8割が女性…でも、HPVワクチン接種・がん検診は低迷の現実

東大・ルナルナが調査。HPVワクチンの接種率は2割以下、子宮頸がん検診の定期受診は35%という現実。若いがんをどう防ぐ?
20代〜30代のがんの8割が女性。そんな現実がある中でも、子宮頸がんを予防するワクチンの接種率やがん検診の受診率が低い現実が調査で明らかになりました。

・スキージャンプ台、使用できず 老朽化で改修要望 富山・小見小

スキージャンプ台、使用できず 老朽化で改修要望 富山・小見小 | 北國・富山新聞
富山市大山地域の小見小のスキージャンプ台が、今冬は使用できない見通しとなった。老朽化が進み、2022...

・未上場スタートアップ株、日本は高止まり 投資家悩む

未上場スタートアップ株、日本は高止まり 投資家悩む
「日本の未上場企業の株価は高いままだ」。香港を拠点とする投資ファンド、タイボーン・キャピタル・マネジメントの日本株投資責任者、持田昌幸は戸惑いを隠さない。2022年に入り、上場間近の「レイター期」にあたるスタートアップへの出資を軒並み見送っている。未上場企業の株価は資金調達時の条件を基に更新される。この条件は会社とベン...
タイトルとURLをコピーしました