グラスホッパー

Movie

『グラスホッパー』(2015年)

ジャンル:サスペンス

上映時間:119分

監督:瀧本智行

出演:生田斗真、浅野忠信 他

<あらすじ>

車の無差別な衝突で恋人を殺された男性は復讐のために裏社会の組織に侵入する。ただある出来事がきっかけで組織から追われる身となる。それと同時に殺し屋同士の戦いの渦も交差してくる…というお話。

<感想>

今回は上記のあらすじを書くのが難しかった。僕の文章力の問題も大いにあるけれど、それだけ色んな事が「交差」している映画だった。

主軸となるのは恋人の復讐のために組織に入って、そして逆に組織から追われつつも真相を探るという流れ。(ここだけでも十分面白い設定だと思うけれど)
それに加えて、二人の殺し屋のそれぞれの事情・心境が描かれている話が合間合間に入ってくる。

グロテスクなシーンはあるけれど、激しいアクションもあるので、濃厚な作品だと思う。

Article

・お金の情報、ネットをうのみにしてはダメ 誰がを確認

お金の情報、ネットをうのみにしてはダメ 誰がを確認|WOMAN SMART|NIKKEI STYLE
世の中のあらゆる情報がインターネットで収集できる時代になりました。お金に関する情報もネット上にあふれていて、参考にしている人も多いでしょう。でも、中には間違った情報もあります。それをうっかり信じて誤った判断をしてしまい、大切なお金を失う、…

・「認知症には監視でなく笑顔を」39歳で認知症と診断された私の見出した道

「認知症には監視でなく笑顔を」39歳で認知症と診断された私の見出した道(丹野 智文) @gendai_biz
39歳でアルツハイマー型認知症と診断されて8年、全国を飛び回り、300人を超える認知症当事者と対話し続けている著者、丹野智文。彼だからこそ書けた当事者の「本音」、そしてよりよく生きていくための著書『認知症の私から見える社会』から注目の章をピックアップしてお届けします。

・印象論に終始する「能力評価」に説得力を持たせる6つのポイント

印象論に終始する「能力評価」に説得力を持たせる6つのポイント
半期の評価を実施するこの時期、能力評価が印象論でしか語られないという不満の声をよく耳にする。客観的な評価のためにも、能力発揮の状況を数値で捉えることが重要だ。持続的成長を実現している経営者が高いスコアを記録している6項目を紹介する。
タイトルとURLをコピーしました