ふしぎ駄菓子屋銭天堂

Book

『ふしぎ駄菓子屋銭天堂』

著者:廣嶋玲子

突如現れる駄菓子屋で売っている奇妙な駄菓子。それを食べるとそれぞれの悩みや欲に対しての効果が出て…というお話が6つあるオムニバス。

小学校高学年でも読めるような文章構成ではあるが、ややダークファンタジーのような話が多い印象もある。

何事もしっかりと取扱説明書や商品表示は読んだ方が良いなと改めて思った。

Article

・バイデン米大統領、アフガン政府に「戦え」と喝

バイデン米大統領、アフガン政府に「戦え」と喝
【ワシントン=黒瀬悦成】バイデン米大統領は10日、アフガニスタンのイスラム原理主義勢力タリバンが大規模攻勢によって国内各州の州都を次々と陥落させている問題で、ア…

・仕事のデキる人が「すぐに」という言葉を絶対に使わない理由

仕事のデキる人が「すぐに」という言葉を絶対に使わない理由 あいまいな言葉を使ってはいけない
「仕事がデキる」と評価される人は、どのような話し方をしているのか。営業コンサルタントの浅川智仁氏は「ひとつの言葉でも、自分と相手の頭に浮かぶイメージは違う。仕事のデキる人は、『すぐに』という曖昧な言葉は使わない」という――。

・ストレス、それともうつ病? 自分の状態を見分ける方法

https://www.lifehacker.jp/2021/08/how-to-tell-whether-youre-stressed-or-depressed.html
タイトルとURLをコピーしました