みんなが書き手になる時代のあたらしい文章入門 (スマート新書)

Book

『みんなが書き手になる時代のあたらしい文章入門 (スマート新書)』

著者:古賀史健

仕事の企画書や友達への連絡など文章を書く理由は様々だが、文章を書く目的として「読者を動かすこと」とこの本では書かれている。

その「読者を動かすこと」のために必要なのが『論理的に書くこと』

ただ『論理的』だとしても面白くなかったら読もうとは思われないこともある。

本書では面白く、論理的な文章について説明されていた。

Article

・70歳以上「老老格差」の貯金事情。100万円未満は何割か

70歳以上「老老格差」の貯金事情。100万円未満は何割か | LIMO | くらしとお金の経済メディア
先の見通しが立ちにくいコロナ禍。漠然とした不安がなかなか解消されにくいことは、すべての世代に共通することでしょう。とりわけシニア世代のみなさんにとって、「貯蓄」は年金生活を支える大切な柱です。今回は、総務省統計局が2021年5月18日に公表した「家計調査報告(貯蓄・負債編)」の結果より、70歳以上世帯の貯蓄額を眺めてい...

・紙とデジタルの教科書 ”小中学校では無償提供を” 自民が提言

紙とデジタルの教科書 ”小中学校では無償提供を” 自民が提言 | NHKニュース
【NHK】デジタル教科書の活用について、自民党のプロジェクトチームは、小中学校では、紙とデジタルの両方の教科書を無償で提供すべきだ…

・コロナ禍で“家で着る服”が超細分化? 各社の新ブランドから透ける“苦渋の決断”

コロナ禍で“家で着る服”が超細分化? 各社の新ブランドから透ける“苦渋の決断”
コロナ禍がダメ押ししたような形で続くアパレル不況。そうした中でも売り上げが好調なカテゴリーが「家着スタイル」と呼ばれる新たなファッションキーワードだ。
タイトルとURLをコピーしました