新規上場を目指す社長のための資本政策 — 種類株式時代のIPO —

Book

『新規上場を目指す社長のための資本政策 — 種類株式時代のIPO —』

著者:南方 美千雄

新規上場に向けた勉強を開始しようとして読んだ本。

「事業をおこなうためにどうしていくのか?」という事業計画だけではなく、「上場に向けて株式のやりとりをどうしていくのか?」という資本政策も考えていくべきなのだと学んだ。

本の内容の70%は上場にむけての資本政策の基礎・留意点が書かれており、残り30%に種類株式について書かれている。

僕が上場について初めて読んだ本だったので理解しきれていないのは正直な感想だが、本書がしっかりと書かれている事は十分に伝わってきたので再読しようと思う。

Article

・肌色だけで24色。クレヨンとバンドエイドの多様性

肌色だけで24色。クレヨンとバンドエイドの多様性
クレヨンとバンドエイドの多様性クレヨンの「肌色」、バンドエイドの「肌色」。とくに日本人はそのベージュカラーの製品を、さしたる違和感も抱かず使ってきた。だが、おとずれた「多様化」の時代、「白人の肌の色」を前提に作られたそれらの製品を、多種多様

・介護職から異職種への転職理由 「収入アップのため」を抑えて1位になったのは?

介護職から異職種への転職理由 「収入アップのため」を抑えて1位になったのは?
求人情報サイトを運営するビズヒッツ(三重県鈴鹿市)は、介護職から転職した経験のある191人を対象として、転職理由に関する意識調査を実施した。転職理由の1位になったのは?

・幸せな社員は創造性が3倍、生産性は31%、売上は37%高い

幸せな社員は創造性が3倍、生産性は31%、売上は37%高い | ライフハッカー[日本版]
GPTWジャパンと「幸福学」の前野隆司教授の調査から、テレワーク下でも成果を出す組織の条件が浮き彫りとなりました。どうすればより効率的に、より幸せに働けるのでしょうか。
タイトルとURLをコピーしました