ベンチャー企業を上場成功に導く 資本政策立案マニュアル 第2版

Book

『ベンチャー企業を上場成功に導く 資本政策立案マニュアル 第2版』

著者:石割由紀人

本書の特徴として、まずは「文字が大きくて読みやすい」というのがある。
多くの情報を取集するなかで、読みやすさが良かったので疲労感が少なかった。

次に株式のやりとりに対して必要な知識だけではなく、その手段をする際の「株主総会議事録」「契約書」の内容が例としてしっかり記入されている点である。
なので必要な書類の内容が何なのか?がわかりやすかった。

またベンチャーキャピタルについての記載もあったので、ベンチャーキャピタルとやりとりをする予定のある方は是非読むことをオススメする。

Article

・「ヒトとモノの輸送」を1台でこなす自動運転企業Motionalの試み

「ヒトとモノの輸送」を1台でこなす自動運転企業Motionalの試み
2010年代前半から中盤にかけて、グーグルが自動運転システムの開発を本格化させたとき、その焦点はほぼヒトの移動に絞られていた。しかし、その実用化が様々な困難に直面するなかで、企業の多くは、モノの移動に目を向けるようになった。その中でも最近、

・挑戦したい大企業社員を「出向起業」で後押し–経産省が提案する新たな起業手段

挑戦したい大企業社員を「出向起業」で後押し--経産省が提案する新たな起業手段
経済産業省が2020年4月に開始したのが「出向起業補助金」。新規事業に挑戦したいと思いつつ大企業のなかでくすぶっている人材が「出向起業」という形で会社を設立し、スタートアップとして活動していけるよう支援する仕組みだ。

・2022年注目トピック『社会投資』編

2022年注目トピック『社会投資』編 | GLOBIS 知見録
グロービス経営大学院教員による2022年の注目トピックシリーズ、今回はESG投資などで盛り上がりを見せる「社会投資」編です。紹介するのは、社会起業家やベンチャー企業の創業時や成長期の経営手法などを学ぶ「ソーシャル・ベンチャーマネジメント」「ベンチ…
タイトルとURLをコピーしました